100 trucs pour...

Faites savoir vos exploits!!^^

Vous n'êtes pas identifié.

#1 28-03-2013 09:14:49

losfous
Nouveau membre
Date d'inscription: 28-03-2013
Messages: 2

印を開

印を開
けて印を開けて、体のシンプルを印刷する上に刀で直接開けるのが刻んで成はんこ。甘dang在《印章が集まって言う》の中は言います:“金槌を印刷して成文を開けることを開けて、同じく日刻んで、成の非常に速く。其文は簡易に元気があって、修飾をプラスしないで、伊はペンへならないでに行く、名日の速成版。軍の中で焦って封拝、だから多く開けての、役立てます。”《後漢本-董卓が伝わった》中は述べています:“その砦の壁の群は立てて、競って職に礼拝することを求めて、印を刻んでに、ですまで(へ)きりでかきました。”《三国志か?董卓伝》中、同じく後漢の晩期記載して、郭si、李が催促するのは反対で、洛陽近くの漢軍は反逆軍に抵抗できないで、漢の献帝の倉の恐れる逃亡、後の至安県開運印鑑。河の東部の太守は錦の絹織物、食品などの物を献上して、分けて随行員に人員をいただいて、“医師、手先、全て佐官と尉官で、御史刻印は供えないで、きりで印をかくことがで、示して文字があって、あるいはNN-”。    開けて2種類印刷してあります:1種は甘い水あめの言った“軍の中で焦って封拝”のようですで、“修飾をプラスしないで、伊はペンへならないでに行く”。例えば前漢の“祁連将軍の章”、“川侯印を蓄える”、“済南の侯印”、前漢の“明威将軍の章”、“雁門の太守の章”など。外の一種は比較的均整がとれていて、筆意は全て着きます。前漢のは例えば“武陵の尉印”、“ぬれる成丞印”、“左尉に行く”などは全てそうです。印を開けるのが比較的に鋳造する便利なため、また省の時、臨時に刻んで開けなければならないことができますによって。後漢の時役所の印判の個人の印が開けるで法を刻むのは前漢に比べて多い。役所の印判は例えば“ノニレの長い印”、“東の郡が官吏を守る”、“歯のゴールキーパーの印章”です、少数民族のに“漢帰義羌が長い”、“漢の盧水の百が長い”、“漢の鮮卑率大衆が長い”をあげます。個人の印の中で開けて比較的きちんと整ったことを刻むまた多くて、例えば“徐がすでに印刷したことに病気になる”、“李楽印”など。
    開けて製作の過程を印刷して、甘くて滞りがなく述べて、“金槌が成文を開ける”で印鑑。開けるのは鉄のツールのが出現を高めたことに従うのです。鉄の質が強靱なため、銅を刻みやすいです。戦国のたくさんの銅器の中で、例えば光県の出土する宴会時の音楽の銅は刻み、上海博物館チベットのを映せて銅の杯と少数御璽印中を刻んで、すべて刺青を刻む刀があることに会います。漢に着いて代すでに生活する日用の入れ物の方向の発展に銅器をつくって、多くの銅器の上の銘文、それが文の精巧で美しさを刻むことにわかって、筆意の刀のイタリアは全部保存します。そそっかしくて不完全な量の文字のようです、やせている力は猛々しくて、筆勢は広げますハンコ。直接開けて刻んだことがいて、きちんと整ったことがあって、比較的にいい加減なことがあって、先鋳にしかる後修理して開けたようにもある、それぞれ美点と欠点があります。そのたがねは鄧散のぼうっとする紹介によると:“刃は薄くならなければならなくて、宣単面は鋒を出して、もしその式は少し大工はの鉄で開けるならば;刀の身の中間面の円壮、どうにかつち打ちを免れる時に震動されるため断ち切ります。金槌が普通の職人の小さいかなづちを使うのが良いです。”

Hors ligne

Pied de page des forums

Créez Votre Propre Forum
Insérer vos Graphiques
Dictionnaires de Traduction
Hébergé par ForumCrea.com